原田 佳子

離職率が低く、長く働いている人が多い職場。訪問介護が若者たちの憧れの仕事になるよう、次世代へ伝えていきたいです。

楽しそうに働く先輩の姿を見てホームヘルパーに。

harada.jpg以前は販売職をしていました。ヘルパーをしているお客様からすすめられて、「私にもできるかなぁ」と思って転職。最初はデイサービスで2ヶ月くらい働いていましたが、それからホームヘルパーの仕事に移りました。先輩ヘルパーが毎日楽しそうに仕事をしている姿に引き込まれるような感じで。

ここは職場がアットホームで職員がとても仲が良いです。最初はまったくの未経験で不安でいっぱい。でも、家事仕事は家でもしているので、自信はありましたね。今は利用者様とじっくり接することができて、マイペースで仕事ができています。

今の私があるのは、利用者様のおかげ。

harada02.jpg人生経験の豊富な利用者様の話をお聞きしたり、生活を拝見するうちに、たくさんのことを学ばせていただいています。お一人おひとり個別に対応することで、人と関わることの楽しさも実感。初めは「拒否」されていた利用者様から「ありがとう」と言っていただけると、素直に嬉しいですね。

一方で、利用者様に思いが伝わらず、クレームが発生したときなどは大変ですし、辞めようと思ったこともあります。そんな私を支えてくれたのも利用者様。もう少し私のことを必要としてくれている人のお手伝いをしたいと思ったんです。

ヘルパーさんに安心して仕事をしてもらえる環境を整えたい。

harada03.jpg介護の仕事を取り巻く現状を見ていると、働きにくく、残念ながら志半ばで現場を離れる職員もいます。ですから少しでも明るく、働きやすく、安心できる環境にしていきたいと思っています。訪問介護の仕事が若者たちの憧れの仕事になるよう、介護の仕事の魅力を次の世代へと伝えていきたいですね。

ここは、ヘルパーさんがみんな元気で明るい。離職率が低く、長く働いている人が多いのが特長です。介護職として、仕事に対して誇りと責任感があり、自分を冷静に振り返ることができる人は長く続いていると思います。「介護させていただいている」という気持ちが大切ですね。



プロフィール紹介

harada04.jpg
原田佳子
サービス提供責任者。介護計画の作成やシフトの作成および調整、スタッフの指導といった後進の育成、利用者宅への訪問など幅広く活躍中。

一覧にもどる