上田 京子

ほのぼのとした雰囲気と、一生懸命なスタッフが自慢の施設。 泰生で働いていることが、私の誇りです。

義母の介護経験をきっかけに介護の世界へ。

上田さん 義母の長期入院や胃ろう造設、認知症の介護を数年経験したので、「できるかも」と思ったのがきっかけでした。ただ、安易に考え過ぎていた面もあり、入ってから介護の大変さ、難しさを改めて実感しましたね。

ここは静かな環境と、建物の内部は開放的で明るいところが施設の特徴です。働いている人たちも明るく快活。人生の先輩である生活者様と心が通じ合ったときや、生活者様の喜んでいる表情を見られたときはやりがいを感じます。元々は対人関係やお話しが苦手でしたが、ここで働き始めてからは、「今日はよく喋ったな」と感じる日も多いですね。


今日まで続いているのは、周囲の支えがあったから。

上田さん 家庭の事情や体調不良で長い期間休んだとき、実は「このまま辞めようかな」と思っていたんです。でも、上司が「みんなでフォローするから」と電話をくれて。同僚からの励ましもあり、「また頑張ってみよう」と思い、現在に至っています。体力が続く限りここでずっと働きたいですね。そのために、生活者様の体調同様、自分の体調管理も大切。睡眠を十分に取るなど、健康に気を使っています。

仕事で心がけていることは、安全=安心。せっかちな性格なので、いつもそれを自分に言い聞かせながら働いています。


泰生での勤務経験は、私の人生の誇り。

上田さん 日常のケアに加え、生活者様が参加できる行事も多いですね。その一つが家庭菜園。生活者様、スタッフ一丸となり、継続的に野菜を育て、収穫まで行っています。収穫した食材をユニットごとで調理して食べるのですが、やはり、自分の手で育てたものは食も進むみたいですね。生活者様はイキイキとした表情で食べておられますよ。

こういった行事が安全に実施できているのは、綿密な計画とこまめに行われる勉強会や反省会のおかげです。とてもほのぼのとした良い雰囲気といつも一生懸命なスタッフが自慢の施設。ここで働いていることが誇りです。

プロフィール紹介

taisei_kangoshi_prof.jpg
上田京子
看護師、入職3年目。現在、パートタイムの看護師として勤務。気になることは先輩職員に積極的に質問し、新たな知識の吸収に努めている。

一覧にもどる